“今、知っておくべき” 激変するマーケティング環境下で、対応・強化し続けるために、必要なのはCDP?

マーケティングにおけるデータ活用の需要・デジタル領域の比重は年々増え続けています。
デジタルマーケティング(WEB広告)における自動最適化機能などもデータ活用の一部ととらえると、データ活用がマーケティングの中心になっていると言っても過言ではないかもしれません。

しかしデータ活用の必要性は高まる一方で、デジタルマーケティングにおけるデータ環境は常に変化しております。
昨今では個人情報保護法の改正・IT企業による各種IDの制限など、データ取得・活用の条件が年々厳しくなっていたりと、今後も様々な場面でデータ環境が変わり、マーケティングの在り方に影響していくことが予測されます。

このようなデータ環境の変化を捉え続け、先手を打っていかなければ、 競合に遅れをとってしまい、企業のマーケティング力の格差は広がっていく一方です。
いまこそマーケティング領域において、かのフィリップ・コトラー氏の言う「Digitize or Die」が最も顕在化する時なのかもしれません。

今回は、激変し続けるデジタルマーケティングの環境の中で、どのような世界観を目指し、どのように備えていくのか、CDPの権威であるTreasureData社をお迎えし、2社共同でお話させていただきます。

日時 2020年9月28日(月) 15:00~16:00
※Zoom開場/14:45
会場 オンライン配信(お申込後、URLを送付予定)
こんな方にオススメ
  • 昨今のデジタルマーケティングのデータ環境について不安がある・対策ができていない企業様
  • CDPを導入しているが、デジタルマーケティング領域での施策実行・データ活用ができていない企業様
  • CDPの導入を検討している企業様
  • データを活用したデジタルマーケティング活動に興味がある企業様
費用 無料(事前登録制)
定員 約50名
講演内容
  • 【TreasureDataが語る】 □CDPとは何か、なぜいま注目されているのか?
    □今CDPが必要なワケとは?

  • 【Septeniが語る】 □デジタルマーケティング業界のデータ環境の動向
    □近い未来に起きるデジタルマーケティング業界の変化
    □デジタルマーケティングにCDPが必要なワケとは
    □Septeni、TreasureData活用ソリューション

注意事項
  • ・ご参加には事前登録が必須となります。
  • ・セミナー後、簡単なアンケート(任意)にお答えいただく場合がございます。
  • ・競合他社、パートナー企業からのお申込みはお断りさせていただきます。
  • ・本Webinarは、途中参加・途中退場自由となります。
  • 田中 省吾 様

  • トレジャーデータ株式会社
    Sales Manager

これまでにSIer、ネットリサーチメディアとIT業界のセールスを長年経験、現職トレジャーデータでは主にD2C業界に強みを持ちCDPの普及に力を注いでいる。

  • 梅野 雅人

  • SepteniJapan株式会社
    データ事業本部

これまでにデジタル専業代理店でWEB広告コンサルタント、総合代理店で統合マーケティングに従事。現職SepteniJapanでは、機械学習・統計学を活用したデータドリブンマーケティングに力を注いでいる。